臨床工学技士の業務指針

 近年の医療の高度化、専門分化等を背景として、チーム医療の円滑な推進は、より質の高い効率的、かつ、効果的な医療を提供する上で極めて重要になってきている。この業務指針は、臨床工学技士の諸業務および業務の遂行に係る留意事項等を示し、以て臨床工学技士がその業務を適正に、かつ、医師、看護婦その他の医療関係職種と連携して、円滑に行うことができることを目的として定めるものである。

 なお、当指針は医療の発展や変容等に応じて、必要があれば適宜見直されるべきものであり、臨床工学技士の業務を定型化することを意図するものではない。

 

T,業務全般にわたる留意事項

 1,臨床工学技士は、医師の指示の下に生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業務とし、以って、医療の普及及び向上に寄与することを目的とする。 

 2,臨床工学技士は、生命維持管理装置の操作に関する専門技術者であることを十分認識し、最善の努力を払って業務を遂行するものとする。

 3,臨床工学技士は、医療チームの一員として医師をはじめ看護婦その他の医療関係職種と緊密に連携し、より円滑で効果的かつ全人的な医療を確保することに協力するものとする。

  4,臨床工学技士は患者の治療に関する検討会等への参加に当たっては、患者の身体状況の情報把握に努めると同時に、呼吸療法装置、人工心肺装置、血液浄化装置その他の生命維持管理装置の操作に関して必要とされる情報を提供するよう努めるものとする。

  5,臨床工学技士は、患者又はその家族から生命維持管理装置として使用する機器等について説明を求められたときは、医師の指示に基づき適切に対応するものとする。ただし、患者の容態や治療内容について説明を求められたときは、その旨を医師に報告し、医師による対応を求めるものとする。

  6,臨床工学技士は、生命維持管理装置の動向等に関する情報収集や、関連分野の知識等に関心を払うこと等を通して常に研讃に励み、専門的な知識及び技術を保つように努めることが望ましい。

  7,臨床工学技士は、業務の遂行に当たっては臨床工学技士法の趣旨を十分理解し、関連法規を遵守しなければならない。 

  8,臨床工学技士は、業務上知り得た秘密を正当な理由無くして他人に漏えいしてはならない。これは臨床工学技士でなくなった後でも同様とする。

 

 

 U,医師の指示に関する事項

 

  9,臨床工学技士は業務を適切に行うため、運転条件及び監視条件等について医師の指示を受けなければならない。また、業務の遂行に当たり、疑義がある点についてはその都度医師に確認を求めるものとする。

 l0,臨床工学技士は、生命維持管理装置の操作のうち次に該当するものを行おうとするときはこれらの操作に係る装置の運転条件(運転時間、運転速度その他設定又は変更を行うべき条件)、監視条件(監視時間、監視項目その他設定又は変更を行うべき条件)、薬剤、薬液及び酸素ガス等の投与量、投与方法及び投与時期について、書面等により医師のできる限り詳細な指示を受けなければならない。

    ただし、現に操作を行っている際に、医師の口頭による臨機応変の具体的な指示に従うときはこの限りではない。

 

 1,身体への血液、気体又は薬剤の注入

 2,身体からの血液又は気体の抜き取り(採血を含む)

 3,身体への電気的刺激の負荷

 

 

V,個別業務に関する事項

 

 次に掲げるのは、臨床工学技士の主な業務であり、「呼吸治療」「人工心肺」「血液浄化」 「手術室・ICU」「高気圧治療」「その他の治療業務(補助循環、除細動器、ペースメーカー)」「保守点検関連業務」に分類し、さらに時系列的に治療開始前の業務、治療開始から終了までの業務、治療終了後の業務及びその他の業務の4種類に分類した。そして、臨床工学技士は、総体として医師の指示の下にその業務を行わなければならないが、特に引き続く一連の業務の各段階で医師の指示を受けなければならない業務には○印を付し、U−10に示した医師の具体的指示を受けて行わなければならない法令上の特定の行為には◎印を付して示した。勿論それ以外の項目についても必要に応じて医師の指示を受けることにより、適正かつ円滑な業務の推進に努めることが望まれる。(なお、ここに掲げた業務はいずれも医師及び医師の指示の下に臨床工学技士、看護婦及び准看護婦が行えるものである)また特記事項の項には、チーム医療を行う上で他の医療関係職種との関係において留意すべき点等を掲げてある。

 

 

V−1 呼吸治療業務

 

A,治療開始前

 1,人工呼吸器、吸入療法機器及びその他人工呼吸装置として使用する機器・回路等の保守

   点検及びその記録

○2,人工呼吸装置として使用する機器・回路等の確認

 3,人工呼吸装置として使用する機器・回路等の準備

 4,人工呼吸装置の組立及び回路の洗浄

○5,人工呼吸装置の操作に必要な薬剤・治療材料の確認

 6,人工呼吸装置の操作に必要な薬剤・治療材料の準備

○7,呼吸療法の使用機器等の操作条件(監視条件を含む)の確認

○8,人工呼吸装置の始業点検

B,治療開始から終了まで

○l,人工呼吸装置の回路の先端部(コネクター部分)の気管内挿管チューブへの接続又は気管内挿管チューブからの除去

○2,人工呼吸装置の回路の先端部のあらかじめ接続用に形成された気管切開部(気管カニューレの挿入部分等)への接続又は気管切開部からの除去

○3,人工呼吸装置の回路の先端部(マスク、口腔内挿入用マウスピース及び鼻カニューレ等)の口、鼻への接続又は口、鼻からの除去

○4,呼吸訓練に使用する人工呼吸装置の操作

◎5,人工呼吸装置の運転条件及び監視条件(一回換気量、換気回数等)の設定及び変更

◎6,吸入薬剤及び酸素等の投与量の設定及び変更

 7,呼吸療法の使用機器等の操作に必要な監視機器の監視(人工呼吸装置の監視部分の監視)

○8,吸引及び吸引前の排痰の介助(人工呼吸装置の操作に限る)

 9,呼吸療法の使用機器等の操作及び監視機器の監視に関する記録

 

C,治療終了後

 l,人工呼吸器、吸入療法機器の消毒及び洗浄等

D,その他

 l,医師の確認を受けた呼吸訓練及び酸素療法に関する情報の患者への提供

E.特記事項

 l,気管内挿管及び気管カニューレの挿入及び設置又は除去は医師が行う。

 2,気管内及び気管挿管内吸引は医師又は医師の指示の下に看護婦が行い、臨床工学技士は人工呼吸装置の接続部をつなぐ又ははずす等の操作を行う。気管内洗浄については洗浄行為自体は医師が行い、看護婦、臨床工学技士は上記吸引に準じてこれを補助するものとする。

  3,吸引前の排痰手技(軽打法、バイブレーション機器を用いる方法等)は医師又は看護婦が行い、臨床工学技士はその際人工呼吸装置の正常な作動状態を監視する。

  4,呼吸訓練に際しての人工呼吸装置の操作に関する医師の指示は具体的に受けるようにし、医師、看護婦及び理学療法士等と十分に連携した上業務を行う。

  5,医師の決めた人工呼吸装置の操作条件及び薬剤の投与量等に従い、臨床工学技士はこれらの条件等の設定及び変更を行う。こうした指示については操作前に医師から受ける指示の他、操作中の指示についても、できる限り具体的に受けなければならない。

 6,治療開始前に、人工呼吸装置の操作に必要な薬剤・治療材料及び使用する機器等の操作条件(監視条件を含む)の確認を医師から受けている場合であっても、業務を遂行するに当たり機器等の操作に関して疑義のある点については治療に先立ち、改めて医師の最終確認を受けなければならない。

  7,身体に直接針を穿刺して行う血管からの採血及び血管内への輸血等を、臨床工学技士は行ってはならない。血管カテーテルが単独で留置されている場合にあっても同様である。

  8,呼吸治療業務の対象と考えられる機器は人工呼吸器、吸入療法機器、酸素テント、給湿器、酸素濃縮器、気体流量計、酸素濃度計及び監視機器等である。

 

 

V−2 人工心肺業務

 

A,治療開始前

 1,人工心肺装置として使用する機器・回路等の保守点検及びその記録

○2,人工心肺装置として使用する機器・回路(充填液を含む)等の確認

 3,人工心肺装置として使用する機器・回路(充填液を含む)等の準備

 4,人工心肺装置の組立及び回路の洗浄・充墳

○5,人工心肺装置の操作に必要な薬剤・治療材料の確認

 6,人工心肺装置の操作に必要な薬剤・治療材料の準備

○7,人工心肺装置の操作条件の(監視条件を含む)の確認

○8,人工心肺装置の始業点検

 

B,治療開始から終了まで

○l,人工心肺装置の先端部(接続用部分)のあらかじめ術野に固定されたカニューレの末端への接続又はカニューレの末端からの除去

◎2,人工心肺装置の運転条件(血液流量、送吹ガス等)及び監視条件の設定及び変更

◎3,血液、補液及び薬剤の投与量の設定及び変更

 4,人工心肺装置の操作に必要な監視機器の監視(血液温、体温、心電図、脈管内圧、心拍出量、血行動態等)

◎5,人工心肺装置の操作に必要な人工心肺装置からの採血

 6,人工心肺装置の操作及び監視に関する記録

 

C,治療終了後

 1,人工心肺装置の消毒及び洗浄等

 2,医師への体外循環終了及び必要事項(抗凝固剤および中和剤量等を含む)の報告

D,その他

  1,医師の行う術前患者の回診及び術前症例検討会への参加

 

E,特記事項

 1,身体(術野)側のカニューレはすべて医師により身体に接続・固定される。

 2,医師の決めた人工心肺装置の操作条件及び薬剤の投与量等に従い、臨床工学技士はこれらの条件等の設定及び変更を行う。こうした指示については操作前に医師から受ける指示の他、操作中の指示についても、できる限り具体的に受けなければならない。

  3,治療開始前に、人工心肺装置の操作に必要な薬剤・治療材料及び使用する機器等の操作条件(監視条件を含む)の確認を医師から受けている場合であっても、業務を遂行するに当たり機器等の操作に関して疑義のある点については治療に先立ち、改めて医師の最終確認を受けなければならない。

  4,回診や術前検討会に際しては、医師又はその他の医療関係職種が必要とする情報の提供を十分に行う。

  5,身体に直接針を穿刺して行う血管からの採血及び血管内への輸血等を、臨床工学技士は行ってはならない。血管カテーテルが単独て留置されている場合にあっても同様である。

  6,人工心肺業務の対象となる装置は、人工心肺装置、冠灌流装置、拍動流生成装置、血液冷却装置等である。

 

 

V−3 血液浄化業務

 

A,治療開始前

 l,血液浄化装置として使用する機器・回路等の保守点検及びその記録

○2,血液浄化装置として使用する機器・回路(充填液を含む)等の確認

 3,血液浄化装置として使用する機器・回路(充填液を含む)等の準備

 4,血液浄化装置の組立及び回路の洗浄・充填

○5,血液浄化装置の操作に必要な薬剤・治療材料(透析液及び置換液等の濃度調整を含む)の確認

 6,血液浄化装置の操作に必要な薬剤・治療材料(透析液及び置換液等の濃度調整を含む)の準備

○7,血液浄化装置の操作条件(監視条件を含む)の確認

○8,血液浄化装置の始業点検

 

B,治療開始から終了まで

○l,血液浄化装置の先端部(穿刺針)の内シャントヘの穿刺及び内シャントからの抜去

○2,血液浄化装置の先端部(回路チュープの接続用部分)の外シャント及びあらかじめ身体に設置されたカテーテルヘの接続及び当核部分からの除去

◎3,血液浄化装置の運転条件(血液流量、送血圧、限外濾過圧等)及び監視条件の設定及び変更

◎4,血液、補液及び薬剤の投与量の設定及び変更

 5,血液浄化装置の操作に必要な監視機器の監視(血液流量、送血圧、限外濾過圧等)

◎6,血液浄化装置の操作に必要な血液浄化装置からの採血

 7,血液浄化装置の操作及び監視に関する記録

 

C,治療終了後

 1,血液浄化装置の消毒及び洗浄等

 

D,その他

○l,血液浄化装置の接続及び除去に当たっての消毒及び止血等の処置

 

E,特記手項

 l,血液浄化装置としては血液透析、血液濾過、血液透析濾過、血液吸着、プラズマフェレーシス等の業務に使用する装置が考えられる。

 2,医師の決めた血液浄化装置の操作条件及び薬剤の投与量等に従い、臨床工学技士はこれらの条件等の設定及び変更を行う。こうした指示については操作前に医師から受ける指示の他、操作中の指示についても、てきる限り具体的に受けなければならない。

 3,治療開始前に、血液浄化装置の操作に必要な薬剤・治療材料及び使用する機器等の操作条件(監視条件を含む)の確認を医師から受けている場合であっても、業務を遂行するに当たり機器等の操作に関して疑義のある点については治療に先立ち、改めて医師の最終確認を受けなければならない。

 4,腹膜透析装置、膜水濃縮濾過装置の業務は血液浄化装置の業務に準ずる。

 5,腹膜透析用のカテーテル等が必要な時は、あらかじめ医師がそれを設置する。

 6,身体に直接針を穿刺して行う血管からの採血及び血管内への輸血等を、臨床工学技士は行ってはならない。血管カテーテルが単独で留置されている場合にあっても同様である。

 

 

V−4 手術室・ICUでの業務

 

V−4−1 手術室に関する業務

A,治療開始前

 l,使用する生命維持管理装置の保守点検及びその記録

○2,使用する生命維持管理装置(回路等を含む)の確認

 3,使用する生命維持管理装置(回路等を含む)の準備

 4,使用する生命維持管理装置の組立及び回路の洗浄・充填

○5,使用する生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料の確認

 6,使用する生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料の準備

○7,使用する生命維持管理装置の操作条件(監視条件を含む)の確認

○8,使用する生命維持管理装置の始業点検

 

B,治療開始から終了まで

◎1,生命維持管理装置の操作条件及び監視条件の設定及び変更

 

C,治療終了後

 1,生命維持管理装置の消毒及び洗浄等

 

D,特記事項

 l,医師の決めた生命維持管理装置の操作条件及び薬剤の投与量等に従い、臨床工学技士はこれらの条件等の設定及び変更を行う。こうした指示については操作前に医師から受ける指示の他、操作中の指示についても、できる限り具体的に受けなければならない。

 2,治療開始前に、生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料及び使用する機器等の操作   条件(監視条件を含む)の確認を医師から受けている場合であっても、業務を遂行するに当   たり機器等の操作に関して疑義のある点については治療に先立ち、改めて医師の最終確認を   受けなければならない。

 3,身体に直接針を穿刺して行う血管からの採血及び血管内への輪血等を、臨床工学技士は行ってはならない、血管カテーテルが単独で留置されている場合にあっても同様である。

 4,麻酔薬の使用及び医療ガスの供給を伴う機器に関する業務については特に注意を払うものとする。

 5,手術室業務の対象となる機器は、麻酔の際に使用する人工呼吸器、人工心肺装置、補助循環装置、除細動器等の業務の必要性に応じて使用する生命維持管理装置である。

 

V−4−2 ICUでの業務

A,治療開始前

 1,使用する生命維持管理装置の保守点検及びその記録

○2,使用する生命維持管理装置(回路等を含む)の確認

 3,使用する生命維持管理装置(回路等を含む)の準備

 4,使用する生命維持管理装置の組立及び回路の洗浄・充填

○5,使用する生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料の確認

 6,使用する生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料の準備

○7,使用する生命維持管理装置の操作条件(監視条件を含む)の確認

○8,使用する生命維持管理装置の始業点検

 

B,治療開始から終了まで

◎1,生命維持管理装置の操作条件及び監視条件の設定及び変更

 

C,治療終了後

 l,生命維持管理装置の消毒及び洗浄等

 

D,特記事項

 1,医師の決めた生命維持管理装置の操作条件及び薬剤の投与量等に従い、臨床工学技士はこれらの条件等の設定及び変更を行う。こうした指示については操作前に医師から受ける指示の他、操作中の指示についても、できる限り具体的に受けなければならない。

 2,治療開始前に、生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料及び使用する機器等の操作条件(監視条件を含む)の確認を医師から受けている場合であっても、業務を遂行するに当たり機器等の操作に関して疑義のある点については治療に先立ち、改めて医師の最終確認を受けなければならない。

 3,ICU業務の対象となる機器は、人工呼吸器、酸素療法機器、補助循環装置(IABP、ECMO)、除細動器、各種監視装置等の業務の必要性に応じて使用する生命維持管理装置である。

 4,NICU、CCUでの業務はICUでの業務に準ずる。

 

V−5 高気圧治療業務

 

A,治療開始前

 l,高気圧酸素治療の安全基準(日本高気圧環境医学会による)による高気圧治療装置の保守点   検とその記録

○2,高気圧治療装置その他必要な生命維持管理装置(回路等を含む)の確認

 3,高気圧治療装置その他必要な生命維持管理装置(回路等を含む)の準備

 4,高気圧治療に必要な生命維持管理装置の組立及び回路の洗浄

○5,高気圧治療装置その他必要な生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料の確認

 6,高気圧治療装置その他必要な生命維持管理装置の操作に必要な薬剤・治療材料の準備

 7,監視機器、各種治療装置の変圧に対する準備等危険防止

○8,高気圧治療装置その他必要な生命維持管理装置の操作条件(監視条件を含む)の確認と連絡業務

 9,高気圧治療装置の始業点検

 

B,治療開始から終了まで

◎1,高気圧治療装置その他使用する生命維持管理装置の監視条件を含む操作条件(加圧時間、加圧条件、換気条件等)の設定及び変更

 2,装置内入室者の圧変化への対応の観察と報告

 3,監視機器の監視

  4,治療中の加圧時間、加圧条件、換気条件等の経過の記録(高気圧治療装置の操作及び監視に関する記録を含む)

C,治療終了後

 1,高気圧治療装置その他使用した生命維持管理装置の消毒及び洗浄等

 

D,その他

 1,医師の確認を受けた加圧時及び減圧時の注意事項の説明

 

E,特記事項

 l,高気圧治療装置内で呼吸療法に使用する機器等他の生命維持管理装置を組合せて用いる場合は、装置内の機器の操作についても医師の指示を受けなければならない。

 2,患者等の変圧に対する準備等危険防止のための身体チェックは医師が行う。

 3,医師の決めた高気圧治療装置の操作条件及び薬剤の投与量等に従い、臨床工学技士はこれらの条件等の設定及び変更を行う。こうした指示については操作前に医師から受ける指示の他、操作中の指示についても、できる限り具体的に受けなければならない。

 4,治療開始前に、高気圧治療装置の操作に必要な薬剤・治療材料及び使用する機器等の操作条件(監視条件を含む)の確認を医師から受けている場合であっても、業務を遂行するに当たり機器等の操作に関して疑義のある点については治療に先立ち、改めて医師の最終確認を受けなければならない。

 5,身体に直接針を穿刺して行う血管からの採血及び血管内への輸血等を、臨床工学技士は行ってはならない。血管カテーテルが単独で留置されている場合にあっても同様である。

 

V−6 その他の治療関連業務

 

V−6−1 IABP

A,治療開始前

 l,IABP装置の保守点検とその記録

○2,IABPに必要な治療材料及び薬剤の確認

 3,IABPに必要な治療材料及び薬剤の準備

 4,IABP装置の組立

○5,IABPの操作条件(監視条件を含む)の確認

○6,IABP装置その他使用する生命維持管理装置の始業点検

 

B,治療開始から終了まで

○l,IABP装置の気体供給器側の送気回路の体外部分の末端部のあらかじめ接続用に身体に設置されたカテーテルの接続部分への接続又はカテーテルの接続部分からの除去

◎2,IABP装置の操作条件及び監視条件の設定及び変更

3,IABP装置に必要な監視機器の監視

4,IABP装置の操作及び監視に関する記録

 

C,治療終了後

 1,IABP装置の消毒及び洗浄等

 

D,特記事項

  1,カテーテルの身体内への挿入・固定又は身体からの除去は医師が行う。

 

V−6−2 除細動器

 

A,治療開始前

l,除細動器の保守点検とその記録

○2,使用する除細動器の確認

 3,使用する除細動器の準備

○4,除細動器の使用に際し、必要な治療材料および薬剤の確認

 

 5,除細動器の使用に際し、必要な治療材料および薬剤の準備

○6,除細動器の操作条件(監視条件を含む)の確認

○7,除細動器の始業点検

B,治療開始から終了まで

◎l,除細動器の操作条件(電圧、通電時間等)及び監視条件の設定及び変更

 2,監視機器の監視

 3,除細動器の操作及び監視に関する記録

 

C,治療終了後

 1,除細動器の消毒及び洗浄等

 

D,特記事項

 1,通電用(刺激)電極を身体に接触させ、保持し又は接続した後固定することは医師が行う(身体からの除去にあっても同様である)

 2,注射等により身体に対して直接行う薬剤の投与を臨床工学技士は行ってはならない。

 

V−6−3 ペ一スメー力一

A,治療開始前

 l,体外式ぺ一スメーカーの保守点検とその記録

○2,使用する体外式ペースメーカーの確認

 3,使用する体外式ペースメーカーの準備

○4,体外式ペースメーカー装着に必要な治療材料と薬剤の確認

 5,体外式ペースメーカー装着に必要な治療材料と薬剤の準備

○6,体外式ペースメーカーの操作条件(監視点検を含む)の確認

○7,体外式ペースメーカーの始業点検

 

B,治療開始から終了まで

○l,体外式ペースメーカーの刺激を発する機器部分側の先端部のあらかじめ接続用に身体に設置されたカテーテルヘの接続又はカテーテルからの除去

◎2,体外式ペースメーカーの操作条件及び監視条件の設定及び変更

 3,監視機器の監視(心内心電図、刺激域値等)

 4,体外式ペースメーカーの操作及び監視に関する記録

 

C,治療終了後

 1,体外式ペースメーカーの消毒及び洗浄等

 

D,特記事項

 l,ぺ一スメーカーの電極の身体への接続又は身体からの除去は医師が行う。

 

 

V−7 保守点検関連業務

V−7 保守点検関連業務

 

A,日常の保守点検業務

 1,業務に関連した機器の定期点検(安全性と性能)と記録

 2,機器の日常的なトラブル(不具合)の調査と対処

 3,故障時の点検と応急処置(一次サービス)

 4,修理完了時の再点検と記録

 5,新規購入機器の安全性・性能の調査・評価

 6,機器の受入試験(安全性と性能)と記録

 

安全点検の実際

   漏れ電流測定、接地線抵抗測定、エネルギー漏れ測定、アラーム作動性点検など

 

性能点検の実際

   それそれの機器の基本性能の点検と調整

 

B,その他

 1,機器の保守点検に必要な機器と設備との整合性の調査及び設備の整備の企画等への参加

 2,機器の保守点検に必要な機器安全管理に関する他の医療職種との合同勉強会等への参加