単位付与について

公益社団法人日本臨床工学技士会が実施する認定制度では、認定取得や認定更新の際に所定の単位の取得を義務付けています。

本篇では、単位付与の要件や申請方法について解説します。

資格要件審査結果通知書において認定された研究会・勉強会・セミナー等については、確実に単位取得が可能となります。

また、研究会・勉強会・セミナー等の案内などに単位取得可能との記載をすることが可能となります。

なお、“事前に” “開催毎に” 申請が必要となりますので、ご注意下さい。

1.都道府県技士会が主催する、当該領域に関する研究会・勉強会・セミナー等

1)単位付与要件

下記要件を全て満たすこと。

  1. 当該領域において概ね3時間以上開催されたものとする。
  2. 公益社団法人日本臨床工学技士会の後援があるものとする。
  3. 参加を証明できる参加証、修了証、参加証明書を発行すること。(希望者のみでも可)
※地域の複数の都道府県技士会が共催で行う研究会・勉強会・セミナー等については、1. の要件に係わらず当該領域の講演、演題等が含まれていれば要件を満たす。
2)申請方法

公益社団法人日本臨床工学技士会に後援申請の後(又は同時に)認定制度単位付与申請書にて単位付与申請を行う。
開催の概要がわかるプログラム(案で可)を添付すること。

※会期前の事前申請とする。後援申請は開催の半年前を、単位付与申請は開催の2ヶ月前を目途に申請を行うこと。
※開催毎の申請を必要とする。
3)単位付与認定

審査の後、資格要件審査結果通知書を発行する。

※前記1)の要件を満たした場合であっても収益を目的とした研究会・勉強会・セミナー等にあっては認定されないことがある。

2.公益社団法人日本臨床工学技士会が指定する当該領域の関連学会・研究会・セミナー等

領域毎に別に定める当該領域の関連学会・研究会・セミナー等については、申請等の必要はなく別表の単位が付与される。
当該学会・研究会・セミナー等の地方会、分科会については、「その他の当該領域の関連勉強会・講習会・セミナー等」と同等の扱いとする。

3.その他の当該領域の関連勉強会・講習会・セミナー等

1)単位付与要件

下記要件を全て満たすこと。

  1. 当該領域において概ね3時間以上開催されたものとする。
  2. 都道府県技士会または公益社団法人日本臨床工学技士会の後援があるものとする。
  3. 参加を証明できる参加証、修了証、参加証明書を発行すること。(希望者のみでも可)
2)申請方法

公益社団法人日本臨床工学技士会または都道府県臨床工学技士会に後援申請の後、認定制度単位付与申請書にて単位付与申請を行う。
開催の概要がわかるプログラム(案で可)を添付すること。

※会期前の事前申請とする。後援申請は開催の半年前を、単位付与申請は開催の2ヶ月前を目途に申請を行うこと。
※開催毎の申請を必要とする。
3)単位付与認定

審査の後、資格要件審査結果通知書を発行する。

※前記1)の要件を満たした場合であっても収益を目的とした研究会・勉強会・セミナー等にあっては認定されないことがある。

4.送付先

講習会等への認定制度単位付与申請書送付先
公益社団法人 日本臨床工学技士会 学術機構 認定制度係
〒113-0034  東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水聖橋ビル5階
FAX 03-5805-2597
E-mail: academy@ja-ces.or.jp

講習会等への日本臨床工学技士会後援申請書送付先
公益社団法人 日本臨床工学技士会 事務局
〒113-0034  東京都文京区湯島1-3-4 KTお茶の水聖橋ビル5階

5.取得単位表等/申請書