条件付きMRI対応心臓植込みデバイス運用システム変更のお知らせ

条件付きMRI対応心臓植込みデバイス運用システム変更のお知らせ

                         不整脈治療業務検討委員会
                         担当理事 野村 知由樹
                         委員長  前川 正樹

 旧来より条件付きMRI対応心臓植込みデバイスはMRI撮像の際に必要な各種要件が
厳格に規定されておりました。
施設基準(http://cieds-mri.com/jadia/public/physician_index/criterion)では
所定の研修を終了した臨床工学技士(又は臨床検査技師)が必須であり、全国の
当会会員の多くがこの研修を受講し、その任にあたっていると思います。

 昨年9月まではこの「所定の研修」はメーカーごとに実施(WEB上)されていまし
たが、昨年9月以後は統一WEBサイトが開設(一般社団法人日本不整脈デバイス工
業会:JADIAが委託)され、全施設は今年の2月末までに新しいシステムに移行す
るようにアナウンスされています。

 

詳細はこちら

不整脈デバイス患者のMRI検査情報サイト研修・施設登録のご案内

btn_iinkai

bn_kougakukai

ninteiseido
seminar
fptop00fptop

iinkai_kokusai   iinkai_kokusai   iinkai_gender   人材活性化委員会


公益社団法人 日本臨床工学技士会 〒113-0034 東京都文京区湯島1丁目3-4KTお茶の水聖橋ビル5F
> サイトマップ  > 免責事項  > リンクについて  > プライバシーポリシー                   Copyright© 2014 Japan Association for Clinical Engineers. All Rights Reserved.