日本臨床工学技士会概要

設立

公益社団法人日本臨床工学技士会は、1990年2月の任意団体としての設立以来、人の生命に直結した各種の生命維持管理装置の操作と保守点検を担う専門職の団体として、工学に支えられ た高度先進医療を安心して受けられる体制づくりと、限りある医療資源の有効活用に日夜努力を重ねてきました。

その社会的使命の更なる達成と臨床工学技士の業務拡大と地位向上に向けて社団法人に取り組み、2002年3月14日「社団法人日本臨床工学技士会」として厚生労働省から認可を受けました。

その後、社団法人として、約10年間の事業活動の成果が認められ、2012年4月1日に「公益社団法人日本臨床工学技士会」として、内閣府から認可を受けました。

目的

  1. 本会は、臨床工学技士の職業倫理の高揚を図るとともに、学術技能の研鑽及び資質の 向上、生命維持管理装置をはじめとする機器に支えられた医療・福祉の信頼性の向上に 努め、もって国民の医療・福祉の進歩充実に寄与することを目的とする。
  2. 前項の目的を達成するために都道府県を区域とする臨床工学技士会との連携を密にする。

事業

  • 全国の臨床工学技士を対象にした学術技能の研鑽及び資質の向上を目的とした事業
  • 臨床工学領域における安全対策事業
  • 臨床工学の普及啓発に関する事業
  • 学術技能の研鑽及び資質の向上に関する事業
  • 相互福祉に関する事業
  • 図書、印刷物の刊行に関する事業

主な活動

1. 日本臨床工学会の開催

全国規模で会員及び医療関係者が一同に会し「日本臨床工学会」を毎年開催しています。

◆すでに開催された日本臨床工学会(過去5年間)

・第28回日本臨床工学会
 テーマ:臨床工学技士とマネジメント-病院貢献、地域貢献、社会貢献-
 会期:平成30年5月26日(土)、27日(日)
 会場:パシフィコ横浜 会議センター
 学会長:一般社団法人神奈川県臨床工学技士会 会長 小林 剛志

・第27回日本臨床工学会 
 テーマ:未来にはばたく臨床工学技士 新たな活躍の場を求めて
 会期:平成29年5月20日(土)~21日(日)
 会場:リンクステーションホール青森(青森市文化会館)・ホテル青森
 学会長:一般社団法人青森県臨床工学技士会 会長 野沢 義則

・第26回日本臨床工学会 
 テーマ:臨床工学技士の未来を洞察する
     -飛躍に向けた新たなステップ-  

 会期:平成28年5月14日(土)~15日(日)
 会場:国立京都国際会館
 学会長:一般社団法人京都府臨床工学技士会 会長 仲田 昌司

・第25回日本臨床工学会 
 テーマ:チーム医療における臨床工学技士の未来を語ろう 
     -アジアへ向けた発信-

 会期:平成27年5月23日(土)~24日(日)
 会場:福岡国際会議場、福岡サンパレス
 学会長:一般社団法人福岡県臨床工学技士会 井福 武志

・第24回 日本臨床工学会 
 テーマ「チーム医療と臨床工学技士 -知識・技術の共有-」

 会期:平成26年5月10日(土)~11日(日)
 会場:仙台国際センター、東北大学百周年記念会館、
    仙台市博物館、ホテルメトロポリタン仙台
 学会長:一般社団法人宮城県臨床工学技士会
     代表理事会長 鈴木 一郎

 

 

2. 各種安全対策セミナーの開催
  • 医療スタッフのための人工呼吸法における安全対策講習会
    この講習会は、本業務に従事する関係者に対して各地で開催しています。
  • ペースメーカー関連業務習得セミナー
    この講習会は、本業務に従事する関係者に対して東京・大阪で開催しています。

 

3. 情報の提供

公益社団法人 日本臨床工学技士会 会誌(年3回発刊)

機関誌「たより」(年6回発刊)