HOME english お問い合わせ
Japan Association for Clinical Engineers
入会案内会員情報変更会員専用ページ
臨床工学技士とは
 
ホーム > 臨床工学技士とは > 臨床工学技士の業務
 臨床工学技士の業務
 
 
臨床工学技士は医療機器の専門医療職です。病院内で、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持装置の操作などを担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

臨床工学技士の代表的な業務の一例は次のとおりです。
 
血液浄化療法での業務
血液浄化療法での業務 体内に貯まった老廃物などを排泄あるいは代謝する機能が働かなくなった場合に行う、血液透析療法、血液濾過療法、血漿交換療法、血液吸着法などの血液浄化療法は、全国の病院やクリニックなどの3000を超える施設で施行されています。これらの施設で、血液浄化装置の操作や点検を行っています。
手術室での業務
手術室での業務 手術室には、大きな機器や小さな機器が数多くおいてあります。手術が安全に行われるために、そのような広範な医療機器の操作や事前の管理が重要になります。特に心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)など多いときには数十台もの機器が同時に使われます。その際の機器の操作や使用前の点検などの仕事を臨床工学技士が受け持ちます。
集中治療室での業務
集中治療室での業務 集中治療室とは心臓や頭などの手術をした後の患者さんや、呼吸・循環・代謝などの機能が急に悪くなり、命に関わる患者さんを収容して集中的に治療するところです。ここでは、人工呼吸器や心臓が正しく動くのを助けるペースメーカや除細動器などの生命維持管理装置の操作や点検を行います。
呼吸療法業務
人工呼吸器などの酸素療法に関連する機器など
高気圧酸素療法での業務
高気圧酸素療法での業務 高い気圧の下で酸素を吸入させることで、血液中の酸素を増やすのが高気圧酸素療法で、様々な疾患の治療に用いられます。これらの呼吸に関わる医療機器の操作や点検などを行います。
医療機器管理業務
医療機器管理業務 生命維持管理装置に携わる臨床工学技士は、手術室、人工透析室、集中治療室、高気圧酸素治療室など、医療施設の様々な分野で活躍しています。これらにある医療機器の操作や、安全で性能が維持できるように保守・点検を行い、また集中管理をすることにより効率的で適切な運用ができるようにしています。
 
臨床工学技士とは
臨床工学技士について
臨床工学関連法規
技士免許取得の方法
臨床工学技士の業務
専門認定制度
養成校一覧
臨床工学技士のシゴト
基本業務指針 2010
 
Copyrights(C) 2012 Japan Association for Clinical Engineers.All Rights Reserved.