HOME english お問い合わせ
Japan Association for Clinical Engineers
入会案内会員情報変更会員専用ページ
臨床工学技士とは
 
ホーム > 臨床工学技士とは > 臨床工学技士について
 臨床工学技士について
 
 病院の中には医師や看護師の他に、レントゲン・CT・MRIなどを扱う診療放射線技師、血液や細菌検査・心電図や脳波などの検査を行う臨床検査技師、リハビリテーションを行う理学療法士が働いています。ここでご案内する『臨床工学技士』も病院で働く医療技術者です。医師以外の診療補助に従事する看護師や各種の医療技術者のことをコメディカルと呼んでいます。臨床工学技士はコメディカル職種の一種であり、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。今後益々増大する医療機器の安全確保と有効性維持の担い手としてチーム医療に貢献しています。
 臨床工学技士の制度が出来たのは比較的新しく、1987年に制定されました。臨床工学技士になるには定められた学校を卒業し国家試験を受ける必要があります。
1987年5月に制定された「臨床工学技士法※」に基づく医学と工学の両面を兼ね備えた国家資格です。(※公布 昭和62年6月2日、施行 昭和63年4月1日)
医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う事を業とする医療機器の専門医療職種です。
医師をはじめ、看護師などと共に医療機器を用いたチーム医療の一員として生命維持をサポートしています。
社会的使命
 昨今の高度な医療技術の進歩に伴い、医療機器の高度化・複雑化が一層進むなか、社会は臨床工学技士の更なる活躍を求めています。
イメージ
 
臨床工学技士とは
臨床工学技士について
臨床工学関連法規
技士免許取得の方法
臨床工学技士の業務
専門認定制度
養成校一覧
臨床工学技士のシゴト
基本業務指針 2010
 
Copyrights(C) 2012 Japan Association for Clinical Engineers.All Rights Reserved.